ダウンロード販売されるマニュアルを衝動買いする思考を見直そう

ビジネス書をタイトルや広告のインパクトで購入する人がインターネット上の怪しいマニュアルを衝動買いというウワサ

インターネット上で販売されている、俗に言うマニュアルは、ジャンルを問わず相当数が販売されていると思います。

マニュアルは非常に便利なものではありますが、欠点は、更新が出来ないということです。
陳腐化が激しいとも言えますかね。

“ダウンロード販売されるマニュアルを衝動買いする思考を見直そう” の詳細は »

IDとパスワード保護に投資をしない事業家はいないと思う

IDとパスワードの管理については安全への投資と考えて有料ツールを利用したいところ

ブログでの管理サイトが多くなると、ログイン情報が雑多になってきますが、IDとパスワードは、どのように管理されていますか?

「パスワード 管理」などで検索すると、結構な数のツール紹介記事がヒットします。
各ブラウザにも、IDとパスワードを記憶させる機能がありますが、信頼性はいかがなものなのでしょうか?

“IDとパスワード保護に投資をしない事業家はいないと思う” の詳細は »

Googleアラートを巧みに使いこなしてゴミ情報を自動削除する

Googleアラートを使い倒すだけで情報収集能力が磨かれると思う

Googleアラートを利用して、情報を収集している人は、それなりの検索リテラシーがおありの方であるとお見受けしますが、キーワードの指定の仕方を間違うと、ゴミ情報ばかりが届くようになってしまいます。

ゴミ情報の定義は、個人の価値観に左右されるので、ここでは書きませんが、要するに薄いんですよ情報が。


“Googleアラートを巧みに使いこなしてゴミ情報を自動削除する” の詳細は »

ツイッターのつぶやきをまとめたら1エントリーになるような構成

ツイッターは単なる手短な広報手段やコミュニケーションツールではない。市場ニーズも探れる。

ツイッターをマーケテイングに使うことは、特に目新しいものでは無くなってきつつあります。

ソーシャルメディァマーケティングでもありますから、ツイッターだけでなく、SNSや掲示板、動画配信サイトなどでも、マーケティング手法は続々と出てきているようですね。

さて、ツイッターは呟いていればいいんでしょうか。


“ツイッターのつぶやきをまとめたら1エントリーになるような構成” の詳細は »

Googleエンジンをカスタマイズして提供するというYahoo!検索を見守りましょう

検索業界再編の波が立ち始めているのかも。Yahoo!検索のGoogleエンジン採用でどれほどの独自カラーが出せるか期待

Yahoo!検索のGoogle化を、いったい誰が予想したでしょうか。

てっきり、Bingでがんばるものと思っていましたが、ヤフー株式会社は、異議を唱えたということでしょう。
今のBingの動きを見れば、先が見えないですもんね。


“Googleエンジンをカスタマイズして提供するというYahoo!検索を見守りましょう” の詳細は »

過剰な笑顔のショップ店員のセールスが芳しくない理由はマニュアルにあり

人の心理を無視した接客マニュアルなんて必要ない。ただしSOE塾マニュアルは検索エンジンの心理を突いていますよ。

顧客第一主義、顧客満足度向上など、最近、とても「きれいごと」を連想させるキーワードになっています。

個人的な感覚なので、そこはご了承頂きたいのですが、口だけサービスやポーズは不要なんです。
例えば、ショップ店員の過剰な笑顔は、時に、敷居を高くさせるんです。

すぐに近寄る店員に、好感をもてますか?


“過剰な笑顔のショップ店員のセールスが芳しくない理由はマニュアルにあり” の詳細は »

 

インターネットでは可能性を検討する時間が惜しいので直ぐに実践

旬なキーワードがビジネス上どれほどの影響をもたらすかは予測不可能に近いがために試す価値はある

旬なキーワードを攻めるアフィリエイターニ共通する、情報収集力とウェブサイト立上げの速さは、ビジネスには必要な要素です。
何がトレンドなのか、それはいつまでも寿命なのかを瞬時に見極めて、打ち上げ花火のごとく収益を計上していく様は、圧巻でしょうね。

ただし、旬なキーワードって何?という根本的な問題もあります。
ビジネスプラン上、旬なキーワードを攻略し続けるのは、疲弊していかないのでしょうか?


“インターネットでは可能性を検討する時間が惜しいので直ぐに実践” の詳細は »

ウェブページのレアウトやリンク構築をアナログで検討するのはダサい?

デジタルが主流の中でアナログの価値を再発見。ウェプページ設計案を瞬時にビジュアル化する方法とは。

ウェブサイトのページ設計はどうしてますか?
頭の中で思っているほど、設計ってカンタンではありません。
雑記帳に、ウェブページのレイアウトからリンク構造に至るまで、紙に書き込むのは、非常にビジュアル化されていいものです。

頭の中のイメージの最大のデメリットは、完璧ではない、ということなんですよね。
人の記憶やイマジネーションは曖昧だと自覚する人は、手書き派です。


“ウェブページのレアウトやリンク構築をアナログで検討するのはダサい?” の詳細は »

 

ソーシャルメディアはSNSだと決め付けるのは正しいことなのでしょうか

物事を俯瞰して考えることが出来ない人は思考の硬直化によって概念化が苦手であることが多いのでは?

ソーシャルメディアという言葉については、イマイチ、ピンと来ない人がまだまだいらっしゃいますよね。
定義付けにうるさい人は、他人の書いた定義について、ご丁寧に批判したり揚げ足をとったりしているようですが、定義付けしても、そのソーシャルメディアで何をやれるかについて、ウンチクをたれて欲しいところでしょう。

そう思いませんか?
iPadに詳しいけれども、持ってない人の意見なんて、参考になりますか?


“ソーシャルメディアはSNSだと決め付けるのは正しいことなのでしょうか” の詳細は »

オンラインビジネスだから怪しいという考え方は本質を付いていないと思う

オンラインビジネスに限らず怪しい商売は現実問題として存在する限りは自己防衛力の向上が得策か

あなたは、ビジネス屋として、一瞬の輝きを掴むか、長きに渡って活躍したいか、どちらを選択しますか?
ネットビジネスにおいては、一瞬の輝きを得た者が、さも長期的にその地位を獲得していたかのように振舞うこともあるわけですが、それに幻想を抱く人がいるからこそ、商売が成り立っているビジネスモデルもあります。

これこそ、心理操作もいいところですね。


“オンラインビジネスだから怪しいという考え方は本質を付いていないと思う” の詳細は »