設計思想も無くウェブサイトを制作して成功するはずはない

ちょっと厳しいエントリー内容ですが、ウェブサイト制作の設計思想や基本設計の概念を持ち合わせているかどうかで、ネットビジネスの成功への道が開かれますので、書いてみます。

ネットビジネスで伸び悩む法人はたくさんあると思います。
しかし、それはスタートの時点で失敗への道を進んだことが原因であり、途中で気付きもしないで走り続けていることにあります。

失敗の原因を、デザイン拙さや商品点数の少なさ、アクセスアップのノウハウ不足、コンテンツが充実していない、更新頻度の少なさなどを原因として挙げることがありますが、それは真の原因ではありません。

それはまるで、エンジンがかからない自動車に対して、タイヤが古いからというピント外れな言い訳をしているに過ぎないのです。

ウェブサイトは設計が大切です。
ウェブサイト自身の構成にあたる設計と、ウェブサイトへの集客を含むトラフィック確保の設計が必要なのです。
その根底には設計思想が存在するはずなのですが、それすらも持たずにホームページ制作業者に丸投げしていては、失敗のための準備としか思えません。

「インターネットのことはよくわからない」

こんな会社がネットビジネスで成功した例はありません。
つまり経営者がどれだけネットビジネスに初動段階で肩入れできるかによるところが成功への大きなポイントなのです。

SEO被リンク バックリンク・システム

(1)アンカーテキストの集中分散 (2)独自のリンク元価値評価 (3)順位がアップダウンするリンクパターン(外部でも内部でも)解明。有料リンク疑惑や不自然なリンク判定を回避して、大量シンク神話もリンク否定風評も寄せつけない実績。

«