ブログフィードをもっと有効に利用するノウハウを蓄積する

ブログの機能のひとつにフィード配信があります。
フィードとは、投稿記事の概要または全文を、ある特定フォーマットによって再編集して配信できるようにしたものです。

RSSと言われるものと同様のものです。
常時チェックするブログがあれば、フィードを受信することで、更新情報がわかるメリットがあります。

一時期、フィード購読数がSEOに影響する、という情報が流れましたが、はっきり言ってデマに近いものがありました。
つまりフィード購読者の多いブログが、検索エンジンに評価されるというものですが、フィード配信機能のないホームページはどうするの?という疑問には、一切の言及がありませんでしたので、スルーされてはいたようです。

ホームページでもフィードを配信出来るようにするツールはあるのですが、sitemap.xmlをGoogleウェブマスターツールに登録する方がマシなような気がします。

今でこそ、ブログのトップページにフィード受信ボタンが設置されていますが、一般ネットユーザーは、このボタンの意味をほとんど知らないのではないでしょうか。
ここにフィードを利用したノウハウの行き詰まりがあるように思うのですよ。

フィードの最大の弱点は、一般化されていないということなのです。

iGoogleなんて、一般のネットユーザーは利用してないでしょうし、ましてやブラウザのフィード受信機能も同様でしょうね。

«
»