戦略的ロングテールでのキーフレーズ調査とニーズ掘り起こし

ロングテールの戦略が功を奏して、小さなマーケットで大きく稼ぐビジネスサイトを所有する法人は多くなってきました。

検索マーケティングでは、キーワードの検索回数が少なければ少ないほど、より具体的なニーズとなるために成約に直結するアクセスがウェブサイトに流れてきます。

そういった成約前提のアクセスを囲い込む戦略に必要なのが、ロングテールの概念です。

キーワード調査ツールを利用することで、ロングテール部分のキーフレーズが明らかになるわけですが、ツールで吐き出されたロングテール部分は、全てを吐き出しているとは限りません。
検索回数が1のキーフレーズまで調査してデータを提供できるツールはありますでしょうか。

検索回数1のキーフレーズもロングテールを構成しているのですが、ここまで見る必要があるのは、検索フレーズのパターンを発見する目的があるからです。

商品やサービスの検索パターンなどは、不思議なことに偏りが出てきます。
人間の思考回路は似通っているのでしょうかね。
この検索パターンを掌握して、ウェブサイトに反映させれば、最小の労力でロングテールを掴むことにはならないでしょうか。

検証が必要ですが、単純に検索回数の少ないものを片っ端からウェブサイトに展開することよりも、労力はかからないと思いますし、検索キーフレーズとドンピシャなサイトが現れれば、検索ユーザーは必然とクリックという行動を起こします。

«