心理

SEO業界にはセカンドオピニオンの概念が無い?

SEOでセカンドオピニオンの概念が無いクライアントはこれからはサイト運営に影響が出るのでしょうか。

セカンドオピニオンという言葉は、医療業界において少しずつ認知され始めていますね。

セカンドオピニオンとは、医師や病院スタッフの対応や治療方針に不安や疑問を抱くことがあった場合、別の医師によって見解を求めることを言います。

医師を変えることはリスクが高いと言われていましたが、患者と医師の立場は対等だということを意識させられる制度ですね。


“SEO業界にはセカンドオピニオンの概念が無い?” の詳細は »

SEMは検索連動型広告を利用することだけではない

検索には目的と意図があり、何かを成し遂げたいことをコンバージョンに結びつけることが、SEMやSEOである。

SEMは検索エンジンマーケティングのことですが、検索連動型広告を利用することだけを指しているかのような、ネット上の情報もありますが、ちょっと違和感を感じます。

SEOでもSEMでもゴールはコンバージョンです。
ということは、検索キーワードや検索キーフレーズが、コンバージョン目的なのか単なる情報収集だけなのかを見極める必要があると思います。


“SEMは検索連動型広告を利用することだけではない” の詳細は »

Googleツールバーでページランクの表示機能が残っているのはなぜ?

ネットリテラシーの向上とともに怪しい文言のウェブサイトに対する自己防衛反応が自分の身を守る。

Googleのページランク神話がやや崩壊していますが、Googleツールバーでは表示可能です。
なぜ、未だにページランク情報を提供する必要があるのでしょうか?

これは勝手な推測ですが、ページランク信者がまだ世界にはたくさん存在するからだと思います。
マット・カッツ氏も、クレームが届くから削除できないのかもしれませんよね(笑)


“Googleツールバーでページランクの表示機能が残っているのはなぜ?” の詳細は »

ダウンロード販売されるマニュアルを衝動買いする思考を見直そう

ビジネス書をタイトルや広告のインパクトで購入する人がインターネット上の怪しいマニュアルを衝動買いというウワサ

インターネット上で販売されている、俗に言うマニュアルは、ジャンルを問わず相当数が販売されていると思います。

マニュアルは非常に便利なものではありますが、欠点は、更新が出来ないということです。
陳腐化が激しいとも言えますかね。

“ダウンロード販売されるマニュアルを衝動買いする思考を見直そう” の詳細は »

過剰な笑顔のショップ店員のセールスが芳しくない理由はマニュアルにあり

人の心理を無視した接客マニュアルなんて必要ない。ただしSOE塾マニュアルは検索エンジンの心理を突いていますよ。

顧客第一主義、顧客満足度向上など、最近、とても「きれいごと」を連想させるキーワードになっています。

個人的な感覚なので、そこはご了承頂きたいのですが、口だけサービスやポーズは不要なんです。
例えば、ショップ店員の過剰な笑顔は、時に、敷居を高くさせるんです。

すぐに近寄る店員に、好感をもてますか?


“過剰な笑顔のショップ店員のセールスが芳しくない理由はマニュアルにあり” の詳細は »

オンラインビジネスだから怪しいという考え方は本質を付いていないと思う

オンラインビジネスに限らず怪しい商売は現実問題として存在する限りは自己防衛力の向上が得策か

あなたは、ビジネス屋として、一瞬の輝きを掴むか、長きに渡って活躍したいか、どちらを選択しますか?
ネットビジネスにおいては、一瞬の輝きを得た者が、さも長期的にその地位を獲得していたかのように振舞うこともあるわけですが、それに幻想を抱く人がいるからこそ、商売が成り立っているビジネスモデルもあります。

これこそ、心理操作もいいところですね。


“オンラインビジネスだから怪しいという考え方は本質を付いていないと思う” の詳細は »

 

キーワードを追いかけるウェブサイト制作はコンテンツレベルが低くなる?

キーワードのためのウェブサイト制作はコンテンツがユーザーの欲するレベルに達しにくいはず。

SEOはキーワードが命、ということで、検索されているキーワードのためにウェブサイトを発信するのは、ビジネスブログとしてはいかがなものかと思うのですが。

これがアフィリエイトマーケティングならば、一考の余地はありますが、アフィリエイトマーケティングでも、せつな的なキーワードを追いかけるのは、費用対効果としては一瞬だけの栄光、ということにも成りかねないという意見があるようです。


“キーワードを追いかけるウェブサイト制作はコンテンツレベルが低くなる?” の詳細は »

SEOへの誤解を説くための素晴らしい説得トークを準備しておきたい

SEOはチラシ配布のように限定された数をこなせばお終いであろうという認識のクライアントへの対処。

SEOの導入を検討しているウェブサイト担当者や、個人経営でひとりで独学でSEOに取り組んでいるという方の相談の中には、「早くSEOを終わらせる方法を知りたい」という相談を寄せられたことはありませんか?

個人的には、そういう発想は全くなかったので、もしも、そのような考え方を持っている方への、SEOとは、という話をする場合には、どのような説明が良いだろうかと思ったものです。

良いアイデアがあればお聞きしたいものです。


“SEOへの誤解を説くための素晴らしい説得トークを準備しておきたい” の詳細は »

 

ウェブサイトをテーマパークと考えるとやるべきことが見えてくる

テーマパークへのアクセス経路の少なさは来場者と主催者にとって致命的な問題になることがある。

SEOにとってリンクは最も神経を使って構築すべきもの、と言っても過言ではないことは、既にSEO実践経験の長い短いは別として、そのような認識を持って、日々作業していると思います。

これは、SEOだからリンクが重要という狭い範囲の話ではなく、ウェブサイト運営においては避けては通れないものとも言えるでしょう。
インターネットの世界は、ウェブサイトがそれぞれリンクで繋がって、世界規模の情報ネットワークを構築しています。


“ウェブサイトをテーマパークと考えるとやるべきことが見えてくる” の詳細は »

信じ込ませる的マーケティングの典型例に該当する場合は直ぐに改善

信じられないウェブサイトに疎いクライアントから報酬を絞れるだけ搾り取る思い込ませセールスの実態。

SEOはトップページSEOからコンテンツページSEOへとシフトしつつあるようです。
トップページについては、SEO対策は万全であるというウェブサイトが多いのですが、コンテンツページのSEOを無視していたわけではないようです。

悲しきかな、トップページ万能信仰というのがあるようで、何も知らないクライアントが、適当なホームページ制作会社の間違ったSEOのご宣託によって、トップページだけのSEOに傾倒していったというのです。


“信じ込ませる的マーケティングの典型例に該当する場合は直ぐに改善” の詳細は »