ネットユーザーの検索スキルの向上が詐欺サイトから身を守る?

検索エンジンは便利ですが、予期せぬウェブサイトがヒットすることがあると、おやっ?と思ってしまいますよね。
これこそが、検索エンジンが発展途上であることを示す事実なのです。

ウェブサイトが全て善良な方法で運営されているとは限りません。
現に、フィッシングサイトで、多額のお金を巻き上げられたり、個人情報を詐取されたりしていることからも理解できるでしょう。

そうしたインターネット環境において、検索エンジンを過信し過ぎる事は、時にはリスクとなることを覚えておくいいですよね。
どんなにホワイトハットなSEOやリンク構築で作り上げられたウェブサイトであっても、フィッシングサイトに検索ランキングの上位を明け渡してしまうことがあるわけです。

また、巧みにインターネット広告を利用してアクセスを集める手法を絡めてくると、その悪影響は限界を知らないものです。
ではこうしたリスクに備えるための、検索エンジンの利用方法としては、検索リテラシーの向上も必要なのではないでしょうか。

検索エンジンサイドの改善は、日々行われています。
が、検索ユーザーサイドはどうでしょうか。
決して、検索スキルが上がっているとは言い切れないケースもあるのではないでしょうか。

ネット利用者が多くなると、検索スキルについては相対的に下がっていきます。
検索スキルの向上は、ネット利用時間に比例するわけではありません。

検索対策スキルアップ
検索を制するウェブサイトを持つことはビジネスにも大きな影響を与えます
www.seoragnarok.com/blog/