プロセス

SEOが好きでたまらないと感じられるSEO事業者と契約を

SEO事業者は激務であることが多いですが担当者はSEO好きなので嬉々として仕事に没頭しています。

SEO事業者の日常業務は、一般的にはナゾでしょう。
何かわからないが、コンサルティングを受けているうちに、ウェブサイトへターゲッユーザーがわんさかやってきている、という現象だけしかクライアントは見ていないでしょうからね。

SEOの業務は、社内向けとクライアント向けに分かれています。
分かれていなければおかしいです。


“SEOが好きでたまらないと感じられるSEO事業者と契約を” の詳細は »

ターゲットユーザーを不特定多数からフィルタリングする戦略

予測型SEOで爆発的なアクセスを得てターゲットユーザーだけをフィルタリングする戦略があった。

予測型SEOと勝手に名付けた方法を、ふと考えてみました。
どのようなSEOかと言うと、目の前に転がっている、一部の人間しか手をつけていないであろうコンテンツに対して、ウェブサイトを制作してSEOをかけると言うものです。

はっきり言って、誰でも思いつくとは思いますし、目の前に転がっているコンテンツなんていくらでもあるのですが、成果が予測し辛いというところと、旬が過ぎればジリ貧の恐れというところがデメリットでしょうか。


“ターゲットユーザーを不特定多数からフィルタリングする戦略” の詳細は »

信頼を得る客観的な判断によるネットマーケティング受注術

クライアントが困っている時に利益率の高いサービスへ誘導するのはいかがなものでしょうか。

オンラインマーケティングと言えば、リスティング広告を指すような言われ方もされていますが、そうではないですよね。

さらに、オンラインマーケティングで一番優れているものは、というテーマで様々な手法について述べた記事が、インターネット上でも公開されていますが、それは説明でしかありません。

クライアントは、どれが自分たちの目標に早く近づけるマーケティング手段なのかを知りたがっています。


“信頼を得る客観的な判断によるネットマーケティング受注術” の詳細は »

複数キーワードの組み合わせ語順の優先順位の決定法

検索者の意図を最優先することがウェブサイト作成の秘訣でありキーワードの語順にも影響する。

複数のキーワードの組み合わせでウェブサイトを最適化する場合、語順は気になりませんか?

例えば、「ラーメン」「北海道」「レビュー」という三つのキーワードで最適化するとします。
どの順番での最適化が、最も効果的であるのかは、調査しないとわかりません。

調査方法について見ていきましょう。


“複数キーワードの組み合わせ語順の優先順位の決定法” の詳細は »