ノウハウ

悪い評判を駆除する最もスタンダードなSEO活用方法

誹謗中傷についてどんな行動を取れるかで検索マーケッターの信頼性と資質が問われます。

ビジネスサイトやコポレートサイトに対して、根拠の無い誹謗中傷を公開するページが、検索ランキングの上位に出現したとしたら、どういう風に対処しますか。

検索マーケティングでは、ウェブサイトの評判についてもある程度は監視していく必要があります。
これを評判管理と言います。


“悪い評判を駆除する最もスタンダードなSEO活用方法” の詳細は »

インデクスの是非の検討を要するコンテンツページと回避方法

ウェブサイトは全ページインデクスが推奨されたりしますがページ内容によってはインデクスを回避しましょう。

全ページインデクスのウェブサイトのメリットは、トラフィックの入り口が増えることになり、オーガニック検索によってコンテンツページにダイレクトにトラフィックを獲得出来る可能性が出てくることです。

ただ、全ページインデクスと聞いて注意したいのが、訪問者に読んでもらいたいコンテンツページのみのインデクス化です。
会員限定サイトや専用フォーラムなどIDとパスワードを要すページなどは、インデクスの必要性はなく、逆にインデクスさせないことで利益を守ります。


“インデクスの是非の検討を要するコンテンツページと回避方法” の詳細は »

リンクジュース概念で効果的なリンクビルディングを

リンク構築の根底にリンク価値の受け渡しの概念が無いと、ただのリンクの寄せ集めに過ぎないことになります。

ウェブサイトのリンクは、闇雲に設置すれば良いというものではありません。
検索エンジンにとっては、リンクはクローラーの通り道だけでなく、リンク先ページとの関連性や重要度を読み取ります。

リンクひとつでウェブサイトの評価がかわるSEOですから、ページ上部のリンクはページ下部のそれより重要と認識する、ということを知っているだけでページ内からの外部リンクへの掲載順の手直しに役立つものと思います。


“リンクジュース概念で効果的なリンクビルディングを” の詳細は »

広告効果の無いページと判断されるのは文字数ではない

Google Adsenseは広告主と広告掲載者の相互にメリットがあるシステムですが使い方にはご注意を。

クリック報酬を設定している広告はたくさんありますが、ウェブページの内容に関連したテキスト広告を自動的に掲載してくれるという素晴らしい広告システムがありますよね。

Google Adsenseです。
この広告は、訪問者が広告リンクをクリックするだけで報酬になるため、非常に利用者が多いのも特徴です。


“広告効果の無いページと判断されるのは文字数ではない” の詳細は »

有料リンクを使った効果的な広告戦略とSEOへの影響

有料リンクを使うとSEOに不利だという情報はSEOに偏った解釈によるもので全てがそうではないのです。

SEMでは、戦略の一環としてポータルサイトへの広告リンクを活用することもあります。

そんな中で、Googleが有料リンクを利用したウェブサイトの検索ランキングを軒並み下落させている、という聞き捨てならない情報が出たことがありました。

このような情報があったとしても、SEO・SEMコンサルタントは冷静に状況を見ながら対処する必要があります。


“有料リンクを使った効果的な広告戦略とSEOへの影響” の詳細は »