RPGに見るSEO担当者が一人前に成長するための道程とは

SEOと某有名RPGが似ている件について。SEOにへこたれそうになったらコントローラーを持とう。

RPGと呼ばれるゲームを好む人は、主人公の成長を楽しむことが、第一に没頭する理由ではないでしょうか。
武器や体力も乏しい状態から、戦闘を経験するうちにレベルアップを重ね、世界を支配する者と最終的に対峙して勝利を収めるというストーリーはしびれますよね。

SEOもRPGに似ていませんか?
強大な敵がクライアントの高い目標、主人公は本人です。


“RPGに見るSEO担当者が一人前に成長するための道程とは” の詳細は »

メールマガジンの購読を促すためだけのウェブサイトのSEO

ひとつの目的しかないウェブサイトはSEOによる最適化は困難なのかを考察。

ウェブサイトは1サイト1テーマが基本とすることが多いわけですが、もっと絞り込んだ、単機能型のウェブサイトを時折見かけます。

例えば、メールマガジンへの登録のみの機能しかないウェブサイトなどは、トップページはメールマガジン登録フォームと、簡単な説明文のみです。

バックナンバーや執筆者のプロフィールもリンクされている他は、他のコンテンツは一切ないのです。


“メールマガジンの購読を促すためだけのウェブサイトのSEO” の詳細は »

ページ内最適化を極めてニッチキーワードで上位独占?

内部要因最適化を完璧にするにはどうしたらいいのでしょうか。ニッチキーワードで圧倒的に有利に?

ページ内キーワードの最適化を完璧にすることが、果たして可能なのかどうかについて、勝手に言及してみたいと思います。
SEOでは、内部要因と外部要因に大別されますが、どうしても外部要因で差が付いてしまいやすいのは否めません。

しかし、だからこそ、内部要因の最適化での取りこぼしは、即座に検索ランキングに影響するのではないかと考えたのです。
ニッチキーワードならば、内部要因最適化だけで、検索ランキング上位を実現できますが、より完璧な仕上げを考えたいと思います。


“ページ内最適化を極めてニッチキーワードで上位独占?” の詳細は »

SEOコンサルティングフィーが高いと嘆いているお客さんへ

SEO屋の業務範囲を列挙してみましたが書き足りませんでした。SEOは想像以上のハードワークの世界です。

SEOは激務です。
あまり知られていないかも知れませんが、その業務範囲は驚くほど広いのです。

内部要因と外部要因の最適化だけをやっているから楽だろう、なんて、とんでもありません。
法人SEO部門の担当者とSEO会社社員、SEOコンサルタントなどでは立場も業務も少しは違いますが、一般的には、そこまでやるのか、と思うのではないでしょうか。


“SEOコンサルティングフィーが高いと嘆いているお客さんへ” の詳細は »

信頼を得る客観的な判断によるネットマーケティング受注術

クライアントが困っている時に利益率の高いサービスへ誘導するのはいかがなものでしょうか。

オンラインマーケティングと言えば、リスティング広告を指すような言われ方もされていますが、そうではないですよね。

さらに、オンラインマーケティングで一番優れているものは、というテーマで様々な手法について述べた記事が、インターネット上でも公開されていますが、それは説明でしかありません。

クライアントは、どれが自分たちの目標に早く近づけるマーケティング手段なのかを知りたがっています。


“信頼を得る客観的な判断によるネットマーケティング受注術” の詳細は »

アルファブロガーまたは専門家として活躍するための基本原則

自分の強みや経験をブログで公開し専門家として支持される状況はブロガーとしての理想の展開でしょう。

専門家として、今の地位を築き上げたブロガーの中には、全くの門外漢だった人も多いようです。
ブログを通じて、スキルアップしていったのでしょう。

もちろん、オリジナルな専門領域を作り上げてブランディングしたブロガーもいるでしょうから、そういう目で見ると、やっぱりブログは使えるツールですね。


“アルファブロガーまたは専門家として活躍するための基本原則” の詳細は »

 

悪い評判を駆除する最もスタンダードなSEO活用方法

誹謗中傷についてどんな行動を取れるかで検索マーケッターの信頼性と資質が問われます。

ビジネスサイトやコポレートサイトに対して、根拠の無い誹謗中傷を公開するページが、検索ランキングの上位に出現したとしたら、どういう風に対処しますか。

検索マーケティングでは、ウェブサイトの評判についてもある程度は監視していく必要があります。
これを評判管理と言います。


“悪い評判を駆除する最もスタンダードなSEO活用方法” の詳細は »

価格競争に巻き込まれないためのマーケティング戦略

安売りを良しとしない経営者の心理とは。商品には適正価格があり価格には様々なものが含まれています。

マーケティングには消費者心理は必須です。
少なくとも、人の心理を読めることは必要ではないでしょうか。

身近なところで言えば、5万円の商品が、車で10分ほど離れた店舗で3万円で売られていれば、そちらに向かうでしょう。
しかし、500円と300円の違いだったら、最初に訪れた店舗で金額比較すらしないわけです。


“価格競争に巻き込まれないためのマーケティング戦略” の詳細は »

 

複数キーワードの組み合わせ語順の優先順位の決定法

検索者の意図を最優先することがウェブサイト作成の秘訣でありキーワードの語順にも影響する。

複数のキーワードの組み合わせでウェブサイトを最適化する場合、語順は気になりませんか?

例えば、「ラーメン」「北海道」「レビュー」という三つのキーワードで最適化するとします。
どの順番での最適化が、最も効果的であるのかは、調査しないとわかりません。

調査方法について見ていきましょう。


“複数キーワードの組み合わせ語順の優先順位の決定法” の詳細は »

インデクスの是非の検討を要するコンテンツページと回避方法

ウェブサイトは全ページインデクスが推奨されたりしますがページ内容によってはインデクスを回避しましょう。

全ページインデクスのウェブサイトのメリットは、トラフィックの入り口が増えることになり、オーガニック検索によってコンテンツページにダイレクトにトラフィックを獲得出来る可能性が出てくることです。

ただ、全ページインデクスと聞いて注意したいのが、訪問者に読んでもらいたいコンテンツページのみのインデクス化です。
会員限定サイトや専用フォーラムなどIDとパスワードを要すページなどは、インデクスの必要性はなく、逆にインデクスさせないことで利益を守ります。


“インデクスの是非の検討を要するコンテンツページと回避方法” の詳細は »